家を高く売る方法|売主がやるべき事と内覧の際の注意点

家を高く売るための注意点を詳しく解説

家が高く売れるかどうかは家の条件によって決まってしまうところもありますが、事前の準備や内覧時のポイントを知っておくと納得の金額に近づけることができます。少しでも高く売るためにできることを紹介していきます。

家を高く売るための事前準備

できるだけ家を高く売るなら、売り出す前の「事前準備」でじっくり慎重に作戦を練りましょう。この時期ならまだ考え、検討・対策する時間はたっぷりあります。

熱心に営業してくれる不動産会社を選定する

不動産の売買を含む取引は、専門家でない限り不動産会社に仲介を委託するのが一般的です。しかし不動産会社にもさまざまなタイプがあり、それぞれに得意なジャンルや規模に違いがあるため、どの業者でもいいというわけにはいきません。

選ぶ基準になるのはまず住宅物件に経験豊富な業者かどうかです。これは業者のホームページにある「取引実績」や顧客のレビューなどから推測することができます。次に売却査定書の内容がわかりやすく丁寧に作られ、やる気が感じられること。そして「わからないことはどんなことでも聞いてくれる、それに対してわかりやすく根気強く教えてくれること」です。

これは売主と同じく不動産取引に明るくない「買主」に対する態度だと考えると、営業活動には欠かせない要素だということがわかります。売主や買主の希望を叶えるためにどれほど熱心に営業するのか、その担当者を信頼することができるかは実際に相対する売主が一番わかるはずです。最後は売主が「この人に任せよう」と思える業者を選ぶのが一番です。

中古住宅は劣化部分を修繕した物件として販売する

家を買おうという人は建物の劣化や設備の不具合があるかどうかが気になるものです。特に古い一戸建てなら建物の基本構造や基礎・土台・屋根、立っている土地の地盤の状態まで確かめるのが普通です。

事前に建物や地盤について専門業者が検査した結果を用意していれば買主も安心です。また設備や建物にある不具合は先に修繕・交換し、その旨を伝えれば「そこまでやってくれているなら」と買おうという気持ちが高まるはずです。不具合があったことを正直に申告し、それにきちんと対処したということ自体が、買主に対する「おもてなし」ととらえられるのです。

内覧時に購入の決め手となる3つのポイント

内覧希望者は、その家を買うかどうかを最終的に決めるために内覧します。内覧希望者のために売主ができることは大きく分けて3つあります。

  • 家をキレイで明るくしておく=飾るのではなくそのままで魅力ある家を感じるように
  • 内覧には売主も参加する=細かな質問にも的確に対応
  • ネガティブな情報も正直に伝える=買主の不安にも正直に答える

これらを売主が自ら行うことで、買主はより判断しやすくなります。

現状のままで家を利用できるかどうかが購入意欲を左右する

内覧は、ありのままの家をそのまま見ることになります。すでに引っ越し済みなら壁や床などクリーニングすることはもちろん、タバコのヤニや匂いが染み付いていないか、部屋の電灯のせいで暗く見えないかといった細かい点にも気を配り、ひどければ補修・交換すしておきたいものです。

買主は「内覧で見た家の状態で買う」と考えます。考えられるマイナスポイントには一つ残らず対処し、買主が「買いたい」と思える、買主の立場に立った、キレイで明るい家にしておくことが大切です。

部屋を広く見せるように物は置かないようにすること

まだ引っ越し前なら、それも買主にとってはよりリアルな生活状況を想像できます。ただ、部屋をキレイに片付けるのは当然ですが、荷物も極力減らして「広い」と感じるようにしておきましょう。

買主は、おそらくその物が「生活に必要なものだからあるのが当然」とは考えません。それよりも「思ったより狭いな」と感じる要素になってしまうのです。そんなことになるのは非常にもったいないことです。実家やトランクルームなどをフル活用し、できるだけ「物を置かない」よう努めましょう。

水回りは徹底的に掃除

また家の衛生状態を見るときは、特に水回りがポイントになります。浴室のタイルや脱衣場の壁のシミ、キッチンではシンクの下の湿気などは非常に気になるポイントです。もちろん蛇口や洗面台は入念に掃除しておき、キッチンや浴室・トイレはしっかり換気、排水溝もニオイが気にならないくらいにはあらかじめ専用洗剤でキレイにしておきましょう。

内覧時には売主からも良さを伝えたほうが良い

もちろん内覧には仲介する不動産業者も立ち会いますが、売主は業者のわからない家の魅力を積極的に伝えるようにしましょう。おそらく買主も、営業的な魅力だけでなく今まで実際に住んでいた人の話を聞きたいと考えるはずです。

家そのものの良さだけでなく、周辺の生活環境も買主にとっては重要です。買い物や病院・学校の場所や、そのルートの時間帯別の混み具合、公園などくつろげる場所など、実際に暮らしてみなければわからない情報は、買うかどうかの判断には大いに役立ちます。

ネガティブな情報は正直に伝えるほうが安心する

家について良いことばかりをアピールしていれば、買主は逆に「どうして売るのだろう」と勘ぐることになるかもしれません。もしその理由が「不便だから」「狭くなったから」といったネガティブなものなら、そのまま伝えるより「仕事が変わったから」「家族が増えたから」と前向きな理由で伝えましょう。それは買主にとっても将来起こることかもしれないからです。

家を売る際の内覧はとても重要

購入希望者が家を内覧するのは、購入の最終段階であり、最重要ポイントです。ただし、こちらは売りたい立場、あちらは買いたい立場ですから、相容れないこともあります。しかしメリットもデメリットはどちらも、結局はその後実際に住む際に重要なことに違いはありません。

せっかくのご縁なのですから、お互いに気持ちよく「買ってよかった」「売ってよかった」と思える取引にしたいものです。そのために正直でありながらも、その伝え方には注意して、事前にしっかり準備してから臨むようにしましょう。