家を高く売るポイントを徹底解説!理想の価格で家を手放そう

家を高く売る為のポイントとは

知識がなかったために家を安く売ってしまい、損をしているといったケースは実際にあります。また、住み替えとなると新しい家にもお金がかかるので、なるべく高く売っておきたいです。家を高く売るためには、以下に紹介するポイントを押さえることが重要です。

高く売るためのポイント

・一括査定で比較検討

・売れやすいタイミングを知る

・内覧対策

・値下げの戦略

不動産会社により、査定額に数百万円以上差が出ることもあり、後の売却活動にも違いが出ます。どの不動産会社に仲介を依頼するかで、高く売れるかどうかが決まるといっても過言ではありません。

一括査定とは、無料で複数の不動産会社に査定依頼ができ、売れる価格を比較できるサービスです。登録されている不動産会社は評判が悪い業者を排除するなどして厳選されています。また、近所の不動産会社を一社ずつ巡らなくてもよいというのも利用する大きなメリットです。

最近は一括査定サイトが増えているので、どのサイトを利用したらよいかで迷うことがあるかもしれません。一括査定サイトもそれぞれに特徴があるので、自分に合っていて評判が良いサイトを選ぶことが大切です。

例えば、「イエウール」は利用者が圧倒的に多く評判が良いサイトとして有名で、「すまいValue」は大手の査定を中心に比較できることが特徴的です。このようにそれぞれに特徴が異なるので、各サイトを見るなどして実績や評判をチェックしましょう。

査定額があくまで目安であることに注意

一括査定は、入力したデータをもとに査定をするため、実際に見ないと判断できない内装や設備の状態は加味されていません。正確な査定を知りたい場合は、訪問査定をして家の状態を直に見てもらう必要があります。一括査定は簡易的なもので、提示された査定額はあくまでも目安であることに注意が必要です。

また、担当の販売力でも変わるので、査定金額だけで1社に絞り込まないようにしましょう。売却活動を進めていくのは、主に不動産会社の営業担当です。戦略や売却活動の内容を聞き、高く売るために力になってくれるかどうかを見極めることがポイントです。

さらに、購入希望者が殺到するような人気物件でない限り、値下げ交渉は当たり前のようにあります。交渉などで実際に売れる価格は査定より下がる可能性も高いので、査定額のまま売れるわけではないという認識でいることが大事です。

売れやすいタイミングを見計らって広告を

1年間のうちに売れやすい時期があります。そのタイミングで広告を出すと、見てくれる人が多いので売れやすいです。また、家の保有期間もお得に売れるかどうかを左右します。以下が広告を出すおすすめのタイミングです。

  • 春先と秋
  • 保有期間が10年以上になったとき

なぜこのポイントが高く売ることにつながるのかを、これから具体的に紹介していきます。

春先と秋が家の売れやすいタイミング

春先は新生活を控えているため、家探しをする人がたくさんいます。秋は転勤や移動が多い時期なので、同じく需要が増える時期です。需要のないタイミングで広告を出しても、見てくれる人が少ないので売れるまでに時間がかかることがあります。

広告を出すなら需要が増えるタイミングがベストです。しかし、それ以外の時期だから売れないということでもありません。都合により春先や秋に売れない人は、担当者に相談し、売却計画や戦略をしっかりと練っておきましょう。

家が売れるまでの期間は3カ月が目安となっています。3カ月経過しても売れなかった場合、焦って値下げをするケースが多いのですが、無理に値下げを検討する必要はありません。確かに値下げも選択肢の一つとして有効的ですが、焦って安く売らなくてもいいように、余裕を持ったスケジュールにしておくことも大切です。

10年以上家を保有してから売ると税金もお得

10年以上家を保有してから売ると「買い替え特例」が使えて節税できるのでお得です。本来であれば、家を買い替えるときに出た利益は、譲渡所得税という税金がかかります。しかし、買い替え特例を使えば税金を免除か控除してくれるので、あと少しで10年になるなら、それまで待ったほうがお得になる可能性が高いです。

買い替え特例を使うためには、他にも条件があります。不動産会社または税務署や国税庁のホームページで適用条件を確認してから、売るタイミングを検討するとよいでしょう。

なお、保有期間が20年を超えると建物の価値が大幅に下がるため、一気に売れにくくなります。保有期間で考えた場合、10年以上~20年未満がお得に売れやすいのでおすすめです。

内覧で好印象を与え購入意欲を刺激

高く売るために内覧は重要なポイントです。購入希望者は、内覧で実際に物件を見て最終的に購入の決断をします。好印象を与えて購入意欲を刺激するためには、以下の2点に気をつけましょう。

  • 掃除や整理整頓をして見た目をきれいにする
  • 身なりを整え笑顔で応対する

掃除や整理整頓のポイントと応対のポイントについて具体的に解説していきます。

物件の第一印象は見た目で決まる

内覧に訪れる人は、立地や間取り、価格などの条件にある程度納得した上で物件を見に来ているので、あとは実際に見た印象次第で購入するかどうかを決断します。つまり、見た目で良い印象を与えることができれば、購入につながるということです。

第一印象を良くするために、掃除や整理整頓を徹底的に行いましょう。特に玄関、リビング、水まわりは徹底的に綺麗にしておくことがポイントです。物を減らして広く見せること、ピカピカにして清潔感を出すこと、照明などで明るい見た目にしておくことなど、ちょっとした工夫で好印象を与えることができます。

壁や床の傷などの修理やハウスクリーニングを行うことも有効的です。ただし、大掛かりなリフォームはする必要はありません。リフォーム費用を売却価格に上乗せすると高額になってしまうので、売れにくくなるからです。

身なりを整え笑顔で応対

普段の買い物でも、店員の態度で購入意欲が変わるというのはよくあることですが、これは内覧も同じです。笑顔で丁寧に応対することで、好印象を与えることができ、購入意欲を持たせることにつながります。

例えば、質問には丁寧に答えることが大事です。答えられないと不信感を持たれるので、事前に不動産会社と相談するなどして質問対策をしておくとよいでしょう。家のこと以外にも、周辺環境や隣人住民について質問されることもあるので、事前調査をしておくとよいです。

内覧時に好印象であれば、値段の交渉を持ち掛けられても対応しやすくなります。媚びる必要はありませんが、身なりを整え、笑顔で丁寧に応対することを心がけましょう。

売れなくても戦略のない値下げをしない

月日が経ってもずっと売れない場合は、値下げを検討する必要があります。ただし、戦略のない値下げはよくありません。売れやすくなるための値下げにすることが重要で、以下の2点が戦略のポイントになります。

  • 売れないと損失が拡大するリスクを考える
  • ネットの検索条件を考慮して値下げ価格を決める

リスクや価格設定について、具体的に確認していきましょう。

家が売れないと損失が拡大するリスク

家が売れないと、古い家の税金や維持費、ローンを払い続けなければなりません。家が売れたなら、その家にかかる税金や維持費の支払いはなくなり、さらに売却額をもとにして古い家のローンの残債を返すことができる場合もあります。

また、新しい家とのダブルローンは避けたほうがいいです。古い家の住宅ローンが残っている状態で新しい家でローンを組むと、古い家の住宅ローン控除は利用できなくなります。住宅ローン控除は、居住用住宅のために住宅ローンを組んだ人向けの減税優遇措置なので、住んでいない家に対しては適用されないからです。

ネットの検索条件を考えて値下げ

ネットで家探しをする人は、価格の検索条件で「2,000万円台」などと価格帯を指定して探したり、「3,000万円未満」などと予算の範囲内に収まるように価格を指定したりして検索します。価格次第で見る人が変わるため、価格の決め方は重要です。

家がなかなか売れない場合、50~100万円単位で値下げをしたり、3000万円→2980万円のような検索にヒットする条件が変わる値下げをすると、すぐに売れることもあります。今まで検索条件にヒットしなかった人が物件情報を見るようになるため、ネットの検索条件を意識して値下げ価格を決めるのは有効的な手段です。

家を高く売るためポイントを実践

家を売却する際に、それぞれの段階で高く売るためのポイントがあります。すべて誰でも簡単に実践できることばかりです。少しでも自分の納得のできる価格で売却をするために、まずは自分の家の市場相場を把握するためにいくつか見積もりを出すところから始めてみましょう。

家を高く売るためのポイント

・一括査定で比較検討して不動産会社を選ぶ(査定額は目安であることに注意)

・春先と秋は需要が増える時期で売れやすい

・保有期間10年以上になると節税できてお得

・内覧対策として整理整頓は徹底的に行い、笑顔で丁寧に応対する

・値下げをする時はネットの検索条件を意識する