家の査定はネットで一括依頼!不動産会社選びを失敗しないコツ

家の査定はネットで手軽にできる

家の査定は不動産会社に直接依頼する必要がある、そう考えてはいませんか。確かに実際にその家を売る準備をするのなら、不動産会社に直接依頼する必要も出てきます。しかし「とりあえず不動産価値を知りたい」という人は、ネットで手軽にできる家の一括査定依頼がおすすめです。

しかしネットで手軽にできると言われても、本当に使うメリットがあるのか気になる人も多いのではないでしょうか。ここでは家を査定してもらう前の基礎知識、一括査定サイトを使う5つのメリット、もらった査定額のポイントや注意点、一括査定サイトを活かした失敗しない不動産会社選びについて解説します。

家を査定する2つの方法

家を査定してもらう前に基礎知識として知っておいてほしい、2つの査定方法があります。それが「机上査定」と「訪問査定」です。

データだけで決める机上査定

机上査定とは、データのみで算出されるおおよその査定価格を出すという方法です。使われるデータには、次のようなものが挙げられます。


  • その家の実際の広さや位置など(図面から分かる情報)
  • 過去に実際に行われた取引の価格(契約金額)
  • 周辺の似たような物件の価格
  • 不動産市場の動向(一軒家の方が売れやすい、など)


  • 目視による室内や室外の状態
  • 近隣の状況
  • 売りたい人の事情

机上査定が向いている人 訪問査定が向いている人 ・とりあえずの価値が知りたい
・似たような家を含め相場を知りたい
・対象となる家から遠いところに住んでいる
・家に担当者が来るのを今は避けたい ・今すぐ家の売却をしたい
・具体的に売却の検討をしたい
・より適正な査定価格を知りたい

相場を調べるのに一括査定サイトを使う5つのメリット

メリットの大きい訪問査定ですが、不動産会社を何社も知っている人の方が珍しいのではないでしょうか。自分で不動産会社を探すことに比べて、一括査定サイトには5つのメリットが挙げられます。

一度に複数の不動産会社に査定依頼ができる

不動産会社は、1社ごと得意不得意、営業規模、受けられるサービスなど様々な差があります。それだけでなく、平成30年3月31日時点で全国の宅地建物取引業(不動産業者)の数は12万3,782業者存在し、その中から自分の持つ家を担当してくれる会社を探すのはとても大変です。

一括査定サイトは、1度立地や家の間取りなどを入力するだけで複数の不動産会社一括して査定依頼を出せるのが、大きな強みです。1社1社、実際に店舗へ足を運んだり、電話をしたりする必要がないため、とりあえず価格を知りたい人の負担を減らしてくれます。

複数比較することにより売りたい家の相場がわかる

家を査定してもらう、ということは不動産売買の第一歩でもあります。しかしその査定を1社しか受けないと、その価格が相場に見合った妥当な価格か分かりません。直接1社ずつ尋ねることは不動産会社の雰囲気などが分かり便利ですが、価格を比較するのに時間がかかります。

また査定額は不動産会社によって違うこともあり、他社に比べて高い査定額をつけた不動産会社がいれば、相場より高めに売れる可能性もあります。最高価格と相場に見合う妥当な価格が同時に分かるのも、一括査定依頼をするメリットです。

悪質な不動産会社を避けられる

不動産会社の中には、契約を勝ち取るためだけに査定額をわざと高く出し、契約を結んでから「これでは高すぎて売れません」と値下げを要求してくる会社もあります。こうした悪質な会社かどうか、自分で見極めるのはとても大変です。

一括査定依頼ができるサイトは、サイトごとに独自基準で登録されている不動産会社を厳選しています。たとえば一括査定サイトのイエウールでは、利用者からクレームが多い不動産会社はイエウール側が登録を解除できます。

無料で家の査定ができる

家の査定を依頼する際に、不動産一括査定サイトでは無料で何度でも査定を依頼できます。これは登録されている不動産会社の広告料や紹介料でサイト運営が成り立っており、利用者側には一切の負担がかからない仕組みになっているためです。

ただし住み変えや買い取り、不動産会社への査定依頼といった一般的な家の売買に限られます。もし裁判所や警察署、税務署など公的な機関に査定額を提出する必要がある場合は、不動産鑑定士へ査定書を依頼しなくてはいけません。その場合は、費用が発生します。

査定後の営業電話を避けられる

不動産会社とのやり取りを避けたい人や仕事で難しい人にも、一括査定サイトは便利です。匿名で依頼できるサイトメールのみでやり取り可能なサイトも多いためです。ただしこの場合は、査定結果を知らせるためにメールアドレスが必要です。

しかし営業電話は不動産会社の判断基準になる面もあります。たとえば自分の財産を預ける相手として実際に電話でやり取りをした印象があまりにも悪いと、他の条件が良くても信頼しにくいかもしれません。もし具体的に売却を進めるのであれば、営業電話を受けてみるのも1つの方法です。

机上査定は1物件あたり30分から1時間程度で終わるため、メールも依頼した日から1~2日内には来ることがほとんどです。とりあえずいくらか知りたい、と考えている人にはおすすめの方法です。ここまで解説したメリットをチェックして、自分にも合うようであれば利用を検討してみましょう。

一括査定サイトを利用するメリット

・一度に複数の不動産会社に査定依頼ができる

・複数比較することにより売りたい家の相場がわかる

・悪質な不動産会社を避けられる

・無料で家の査定ができる

・査定後の営業電話を避けられる

家の査定のポイントは3つ

すでに一括査定を受けることを決めている人は、査定を受ける前に注意点を知っておくと、実際の査定額を見ても慌てずに済みます。また訪問査定を検討している人向けに、査定額をあげるコツを解説します。

査定金額は上げられる

簡易的な査定である一括査定だけで、不動産会社を決めてしまうと損をする可能性があります。まず一括査定である程度の相場を掴んだら、その中からよさそうな不動産会社へ訪問査定を依頼しましょう。訪問査定時に、次のようなポイントを踏まえて対応すると、査定額がアップする可能性があります。

  • 掃除や照明で見た目をある程度綺麗にしておく
  • キッチンなど水回りや玄関を重点的に綺麗にする
  • 欠点や以前リフォームした部分をまとめて伝える

見た目が綺麗な家は、快適そうな家として評価が高くなりやすいです。またリフォームをした部分や欠点を伝えずにいると、後々不動産会社や購入者とのトラブルに発展します。これを訪問査定の時点で解決しておくと、不動産会社がより高く売るためのアドバイスや今後の対応を踏まえた査定をしやすいのです。

査定金額と最終売却益は違う

まだ売却を考えておらず家の査定のみ検討している人に特に注意してほしいのは、査定金額と最終売却益は違うということです。思っていた以上に高い査定額が出ると、つい査定額がそのまま自分の手元に入ってくるような気になってしまいます。

しかし家が売れない場合の値下げや、希望者との交渉などで売却金額は変わります。さらに売れた場合は、仲介手数料や印紙税など税金が引かれるため、家は売れても全く利益が手に入らない可能性が高いです。時には出費を迫られることもあるため、査定金額を鵜呑みにしないことが大切です。

リアルタイムで査定金額は変動

時間経過とともに、家の需要や家の周辺環境は日々変化しています。仮に1年前に査定をしてもらった時の金額が、1年後も変わらないということは稀です。一度査定をしても期間が開くなら、再度査定をしないと金額が違ってしまいます

間違った査定額で資金計画を立てたり、売却金額を決めたりすると、家が全く売れないかもしれません。もし以前に査定を受けてから期間が開いているのであれば、再度査定を受けるように心がけましょう。

不動産会社を選ぶ時のポイント

一括査定は、あくまでも机上査定であり、不動産会社を絞り込むために使うのが便利です。大切な財産を預ける以上、契約するかどうかは不動産会社の実績や担当の印象までチェックすることをおすすめします。

絞り込んだ不動産会社に対し訪問査定を依頼し、担当者の仕事ぶりを直にみることをおすすめします。不動産会社では、担当者の売り方次第で成約できるかどうか、その結果が変わることも多いためです。チェックしたいポイントを、リスト化したため、参考にしてください。

チェックリスト ポイント
会社の担当範囲 大手:保障や各種サービスがあり、初めての人でも対応に安心感がある、全国各地の支店を通じて探してもらえる
中小:大手にはない顧客情報があることも多い、情報量についてはインターネット上に掲載してくれるのなら大手と差はない
会社の得意分野 家を売るなら、一戸建てを得意とする会社がおすすめ
営業年数

宅地建物取引業の免許番号に記載された()内の数字が大きいほど、営業年数が長いが、あくまでも目安

担当者の印象 レスポンスが早い、質問に丁寧に答えてくれる、熱意をもって家を売ってくれそうなど、人柄をチェック
ネガティブ情報等検索サイトで会社名を調べてみる 国土交通省の運営するネガティブ情報等検索サイトでは、行政処分情報を検索できるため、過去に違反を犯した会社ではないか念のため調べておくと便利
査定の根拠を聞く 何故この査定額なのか、最終的にはどのくらいの金額で売ってくれるのかなど、根拠を尋ねる
もしこの家を売るならどう売るか聞く 担当者に対して行う質問で「もしも売れなかったら」という点まで踏まえて話してくれるかチェック

気軽に家の査定を出して売却活動を始めよう

一括査定サイトの利用自体は無料であり、とりあえず査定額だけ知りたい、という利用方法も可能です。不動産売却は、まず査定を受けるのが第一です。相場より高い価格で売りだせば買ってくれる人の数が減り、相場より低い価格で売り出せば自分が損をしてしまいます。

気軽に家の査定を出して、売却活動を今後どう行っていくか、具体的に考えていきましょう。